歩き(読み)アリキ

  • ▽歩き
  • あるき

デジタル大辞泉の解説

《動詞「あり(歩)く」の連用形から》あちこち動きまわること。出歩くこと。外出
「一の人の御―」〈・八八〉
歩いて行くこと。徒歩。「駅前まで歩きだと二〇分かかる」
江戸時代、庄屋などの雑用や使い走りに使われた者。小使い。
「村中をかけ廻る―がにょっと門口から」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩きの関連情報