コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩き アリキ

デジタル大辞泉の解説

ありき【歩き】

《動詞「あり(歩)く」の連用形から》あちこち動きまわること。出歩くこと。外出。
「一の人の御―」〈・八八〉

あるき【歩き】

歩いて行くこと。徒歩。「駅前まで歩きだと二〇分かかる」
江戸時代、庄屋などの雑用や使い走りに使われた者。小使い。
「村中をかけ廻る―がにょっと門口から」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あるき【歩き】

歩くこと。徒歩。
江戸時代、村・町で書状の伝達、触れ歩きなどをつとめた者。小使。定使じようづかい。 「村中をかけ廻る-が/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歩きの関連キーワード練り回る・練回る・邌り回る足を擂り粉木にするちょこちょこ歩きキックプリーツ指行性・趾行性ワンデルング並み足・並足ジョッギング良うせずは邯鄲の歩み歩きタバコ下ろし歩み立ち巡る使い走り忍び頭巾歩き初め遊行女婦難波歩きウオーク内八文字

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩きの関連情報