コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩行者用エアバッグ ほこうしゃようえあばっぐ

知恵蔵miniの解説

歩行者用エアバッグ

自動車の衝突による衝撃から歩行者を守るための安全装置。車体が歩行者と衝突すると、フロントガラスの下部に搭載されたエアバッグが膨らみ、歩行者に与える衝撃を吸収・緩和する。乗員を守ることを目的とした従来型のエアバッグの装着は欧米や日本など各国で普及が進んでいるが、歩行者用のエアバッグは、13年、スウェーデンの自動車メーカー・ボルボの小型車「V40」に世界で初めて導入された。

(2013-2-22)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩行者用エアバッグの関連情報