コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯が浮く、触ると痛い、かめない はがうくさわるといたいかめない

1件 の用語解説(歯が浮く、触ると痛い、かめないの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はがうくさわるといたいかめない【歯が浮く、触ると痛い、かめない】

 歯をかみ合わせたり、舌で触るだけで痛みを感じるような状態は、歯の中の病状ではありません。つまり、もはや歯の硬組織や歯髄(しずい)の炎症ではなく、歯を支えているまわりの組織に炎症が波及したために、歯が浮いたような感じがするのです。
 このような状態は、歯の根の先端(根尖(こんせん))の周囲組織の炎症、つまり歯根膜炎(しこんまくえん)(根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん))と呼ばれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

歯が浮く、触ると痛い、かめないの関連キーワード内歯車着回し犬合せ噛み合せ噛み合せる食合せる食縛る組合せる組目歯を食い縛る

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone