コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残留効果 resultant effect

1件 の用語解説(残留効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

残留効果【resultant effect】

高周波電界の中で気体が放電している場合,イオンや電子が放電管中で往復運動して,電極に到達せず,空間内で見かけ上静止する状態が起こりうる.このような現象を残留効果,あるいはトラッピング(捕捉)という.

イオンが静止する場合をイオン残留効果*あるいは「イオントラップ」,電子が静止する場合を電子残留効果*あるいは「電子トラップ」と呼んでいる.イオンの移動速度は電子の1/100程度だから,周波数を上げていくと先にイオンがトラップされ,後2桁ほど上がった状態で電子がトラップされることになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残留効果の関連キーワード高周波加熱高周波ミシン高周波電気炉送信機高周波解凍高周波殺虫高周波シール高周波炉電子残留効果

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残留効果の関連情報