捕捉(読み)ほそく

精選版 日本国語大辞典「捕捉」の解説

ほ‐そく【捕捉】

〘名〙
① とらえること。つかまえること。
※令義解(833)亡「凡糺盗賊者。〈。糺告及捕捉。其糺告親属。律有科条〉」
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「所謂(いわゆる)同文電報が『ABKF』でスイスに発信されるのを捕捉して」 〔唐懿宗‐即位赦文〕
② 人の気持や、表現の意味などを正しくとらえること。理解すること。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉五「漠乎として捕束するに苦しめども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android