残酷・惨酷・残刻・惨刻(読み)ざんこく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「さんこく」とも) きびしすぎる、ひどすぎると感じさせるようなこと。まともに見られないほどのひどいやり方や出来事。また、そのようなさま。酸酷(さんこく)
※史記抄(1477)一六「酷吏は、きっくつべらしく、人にあたる事が惨酷なる者を云そ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「貧苦は、譬へば残酷なる女教師に似たり」 〔史記‐酷吏伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android