コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酷吏 こくり ku-li; k`u-li

3件 の用語解説(酷吏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酷吏
こくり
ku-li; k`u-li

中国で法律を厳重に適用,過酷な刑罰を行なった官吏。循吏に対していう。司馬遷は『史記』に「酷吏列伝」を設けて 11人の酷吏を記し,班固は『漢書』で4人を記した。他の正史にも多く酷吏伝が設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こく‐り【酷吏】

人民を苦しめる無慈悲な官吏。
杜牧「早秋詩」の「大熱酷吏を去(しりぞ)く」から》厳しい暑さ。酷暑。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こくり【酷吏】

人民を虐げる苛酷な官吏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酷吏の関連キーワード刑罰権警備酷刑死法秋官秋刑厳酷三尺法章帝犯罪と刑罰