酷吏(読み)こくり(英語表記)ku-li; k`u-li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酷吏
こくり
ku-li; k`u-li

中国で法律を厳重に適用,過酷な刑罰を行なった官吏。循に対していう。司馬遷は『史記』に「吏列伝」を設けて 11人の酷吏を記し,班固は『漢書』で4人を記した。他の正史にも多く酷吏伝が設けられている。前漢の酷吏は張湯,趙禹らで,彼らは法家主義の立場に立ち,武帝の意を迎えて中央集権的政治や取締りを行い,その批判者,反対者を厳罰に処した。また地方官として任地に行った酷吏は,豪族が勢力をたくわえて郷村を支配することが,中央集権政治の妨げであるとして,弾圧した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐り【酷吏】

人民を苦しめる無慈悲な官吏。
杜牧「早秋詩」の「大熱酷吏を去(しりぞ)く」から》厳しい暑さ。酷暑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐り【酷吏】

〘名〙
① 苛酷(かこく)な官吏。横暴できびしく国民を締めつける役人。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「国司の堕弱、酷吏(コクリ)の非義を誡(いましめ)つるまでの事にて」
② どうすることもできないような、ひどい暑さのたとえ。
※須賀直見宛本居宣長書簡‐明和元年(1764)七月某日「残暑酷吏未去、清風故人未至」 〔杜牧‐早秋詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android