コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段物集 だんものしゅう

大辞林 第三版の解説

だんものしゅう【段物集】

浄瑠璃本じようるりぼんの一種。各曲各段のうち人気の高い段だけを抜き出して集めた板本。 ⇔ 丸本まるほん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の段物集の言及

【義太夫節】より

…これを稽古本とか,多く五行に書いているので五行本とかいう。やはり需要が多かった道行,景事を何曲か収載した段物集と称する板本も刊行された。これら用途別に作成された各種浄瑠璃本には,本文の詞章のほかに,太夫の演奏に関する指示が記譜してある。…

【段物】より

…(2)浄瑠璃では,独立して上演されることが多い特定の段の総称としても用いる。また,井上播磨掾以来,聴かせどころだけを抜き出した正本を,とくに〈段物集〉といい,その序跋が,一種の芸術論をなすことが多い。(3)豊後系浄瑠璃で,義太夫節の一部を借用したものや劇的内容をもつ曲を,〈端物(はもの)〉に対して〈段物〉ということがある。…

※「段物集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

段物集の関連キーワード近松門左衛門(年譜)江戸半太夫(初代)陸奥茂太夫宇治加賀掾義太夫本段物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android