コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景事 けいごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

景事
けいごと

「けいじ」ともいう。「景色事」の略。人形浄瑠璃のなかで,音楽,舞踊を主とする部分,およびそこで演じられる演奏,演技の種類をいう。音楽 (浄瑠璃) 面に限る場合は,節 (ふし) 事ともいう。5段組織の時代浄瑠璃には,通常4段目の初めに,景事の代表である道行の場がおかれ,世話浄瑠璃では心中道行などが設けられる。ほかにも音楽的,舞踊的表現によって観客を陶酔させ,劇的緊張をやわらげるために,「…尽し」「…物狂い」などと呼ばれる景事場面が設けられることが多く,『義経千本桜』の「道行初音旅」,『心中天の網島』の「名残の橋尽し」,『芦屋道満大内鑑』の「小袖物狂い」などが有名。なお上方では,歌舞伎所作事も景事と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいごと【景事】

人形浄瑠璃,歌舞伎の場面の一種。劇的・叙事的な段物浄瑠璃に対して,抒情的・叙景的な景容本位の場面である。《狐火》《四季の寿》など。視覚,聴覚を楽しませる感覚的性格が強い。舞台を美麗にしつらえ,登場人物(人形)の衣装も華やかで美しい。そして,歌うような旋律的な音楽を伴う。歴史的には,古浄瑠璃物づくしに始まり,義太夫節にも継承され,さらに京坂の歌舞伎でも採り入れられた。写実的な演技でなく,音楽にのった振りないしは舞踊風なしぐさで,景容の美を重んずる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいごと【景事】

人形浄瑠璃で、道行きなど、叙景的な詞章や物尽くしなどを、曲節主体に語る部分。舞踊的な要素が多い。現在では、「景事けいじ」と呼んで人形浄瑠璃の舞踊劇をいう。
上方の歌舞伎で、舞踊および舞踊劇をいった語。江戸では所作事という。現在では、人形浄瑠璃から移入した、丸本物の歌舞伎の舞踊をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

景事
けいごと

人形浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)用語。「けいじ」ともよぶ。京阪で使われる。浄瑠璃の場合、節事(ふしごと)ともいい、曲節と人形の舞踊的な動きを主にした道行(みちゆき)とか何々づくしのこと。叙景的な部分が中心なので、この名ができたという。歌舞伎でも、江戸時代の京坂の脚本では、観客の気分を変えるための舞踊風の一幕を景事とよび、転じて舞踊または舞踊劇の異称にもなった。現代では、文楽(ぶんらく)の舞踊風の演目にだけ、この名称が用いられる。『仮名手本忠臣蔵』八段目の道行、『団子売(だんごうり)』などが例。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の景事の言及

【義太夫節】より

…以上の各場は作曲,演奏の上でやはり区別される。(2)段物と道行・景事 劇的性格のつよいふつうの曲を段物という。通常太夫,三味線各1人ずつで演奏し,ときに三味線がさらに加わるツレ弾きや,箏,胡弓などが部分的に加わることもある。…

【所作事】より

…歌舞伎舞踊のこと。〈所作〉また〈振事(ふりごと)〉〈景事(けいごと)〉とも。歌舞伎の文献では1687年(貞享4)の《野良立役舞台大鏡》にみえるのが古く,所作事ははじめやつし事として,職業の意味での所作から,職業とくに職人の動きを舞踊に写したものであった。…

【道行物】より

…道行を題材とした所作事。〈道行事〉とも〈景事(けいごと)〉ともいう。一段あるいは一場を通じての道行で,独立性を有し,ある仮定の地に達する間を扱う舞踊劇を指す。…

【景事】より

…広義には,道行をも含むが,普通は区別している。また,普通の段物浄瑠璃中にも,一部分が景事とおなじ音楽性を示す場合がよくある。この部分も景事とよぶ。…

※「景事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

景事の関連情報