段階的接近法(読み)だんかいてきせっきんほう(英語表記)successive approach to economic forecast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段階的接近法
だんかいてきせっきんほう
successive approach to economic forecast

数学のアルゴリズムの手法を用いて多段階で経済予測を行なう方法。まず,GNPの成長率など全体の景気動向を推定する。この全体の推定に基づき GNPの構成項目などさらに一段階細分化した項目・分野ごとに予測を行なう。次に,各項目・分野のそれぞれの条件などを考慮しつつ予測を積み上げ,今度は全体の GNPを計算し,再び全体の景気動向を組み上げる。以上の予測と計算を繰り返し,ほぼ一定の全体および項目・分野ごとの予測に収束したところでそれを最終的な予測とする方式である。各分野の個別情報と,全体の整合性を確保するという2つの要請にこたえる方法であり,各機関の経済見通しなどに幅広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android