コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿主/殿司 デンス

デジタル大辞泉の解説

でん‐す【殿主/殿司】

禅宗で、仏殿の清掃・荘厳(しょうごん)・香華(こうげ)・供物などのことを受け持つ役僧。知殿。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の殿主/殿司の言及

【天守】より

…天守に付櫓が付設されて大天守,小天守と区別される場合もある。 天守のほか天主,殿守,殿主と書かれることもあり,〈天守〉の語の初見は《細川両家記》1520年(永正17)の摂津の伊丹城の記事である。〈殿主〉の語は《遺老物語》にみえ,永禄年間(1558‐70)尾張の楽田城に初めて設けられ,それから各地に建てられるようになったと記されている。…

※「殿主/殿司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

殿主/殿司の関連キーワード大嘗祭(だいじょうさい)ラサのポタラ宮歴史地区清水公照橋本聖準古賀恒吉大嘗宮明兆斎国禅宗斎宮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android