母智丘(読み)もちお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

母智丘
もちお

宮崎県南西部、都城市(みやこのじょうし)西部郊外にある丘陵。東部は標高約170メートルのシラス台地で、母智丘神社が240メートル、最高点は288メートルである。丘陵は新第三紀の安山岩からなる。都城盆地の展望に優れ、神社参道1.5キロメートルの桜並木とあわせて市民の行楽地の一つ。北西部の関之尾(せきのお)を加え県立自然公園に指定されている。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android