コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都城盆地 みやこのじょうぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都城盆地
みやこのじょうぼんち

宮崎県南西部,霧島山鰐塚山地九州山地に囲まれた盆地。霧島火山の活動に伴い,陥没して形成された。南北約 30km,面積約 760km2大淀川の支流沖水川,庄内川,東岳川などが注ぎ,盆地面に扇状地を形成する。西から流入する庄内川の峡谷には関之尾滝や関之尾甌穴 (天然記念物) があり,下流右岸の月野原台地の母智丘 (もちお) とともに母智丘関之尾県立自然公園に属する。気候は寒暑の差がやや大きく内陸性の特色を示し,霧の発生が多く,茶の栽培に好適。良質米の産地として知られるが,畑地のほうがやや広く,ゴボウ,サトイモ,茶の生産が多く,畜産も発達。 1955年集約酪農地域に指定。中心は都城市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みやこのじょう‐ぼんち〔みやこのジヤウ‐〕【都城盆地】

九州南東部にある盆地。中心は都城市。西を霧島火山群、東を鰐塚(わにつか)山地に限られ、霧の発生が多いのを利用して茶の栽培が行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやこのじょうぼんち【都城盆地】

宮崎県南部にある盆地。洪積世(200万~1万年前)末期に姶良(あいら)火山,霧島火山が活動した際,霧島火山群の北側と東側に加久藤(かくとう)盆地,小林盆地,都城盆地が形成された。各盆地とも当初は湖水だったらしく,都城盆地では大淀川が盆地北部の壁を浸食して湖水の水を排水し,現在の盆地ができたとみられる。南北約30km,東西約25kmの楕円形をなし,面積約700km2は盆地としては日本で広いほうである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕都城盆地(みやこのじょうぼんち)


宮崎県南西部の盆地。東西約20km、南北約25km。盆地床の標高約130~170m。西は霧島(きりしま)山、東は鰐塚(わにつか)山地で区切られ、南はシラス台地で大隅(おおすみ)半島につながる。盆地内を大淀(おおよど)川が支流を集め北流。稲作と野菜の促成栽培のほかサツマイモ・サトイモ・茶などが栽培され、酪農・畜産が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都城盆地
みやこのじょうぼんち

宮崎県南西部にある盆地。都城市を中心に二市二町(うち一市は鹿児島県)を含む広大な内陸盆地で、面積は約760平方キロメートル。盆地底の標高は約140メートル。西部は霧島(きりしま)火山、東部は日南(にちなん)山地、北部、南部は丘陵、シラス台地で限られる。構造性低地で、更新世(洪積世)に姶良(あいら)火山起源のシラス堆積(たいせき)、湖の形成があり、のち大淀(おおよど)川が宮崎平野に排水口をみいだすに伴い陸化、現在の盆地となった。盆地西部は湖成層の二次シラス台地、東部は扇状地性の段丘面が広がり、沖積平野は河川沿いに限られる。大淀川は盆地内で多数の支流を集め北流する。シラス、霧島火山灰に覆われるため畑地が広く、サツマイモ、サトイモなど畑作物のほか、飼料用の青刈りトウモロコシ、牧草栽培が家畜飼育(乳・肉用ウシ、ブタ)とともに盛んである。また、盆地の特異な気象条件として霧、霜の発生が多く、これを利用する茶の栽培も知られる。観光地は、甌穴(おうけつ)の発達する関之尾滝(せきのおのたき)、母智丘(もちお)の桜などである。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

都城盆地の関連キーワード山田(宮崎県)宮崎県都城市山之口[町]山之口〈町〉都城[市]財部[町]三股[町]高崎[町]高城[町]末吉[町]山田[町]小林[市]都城(市)シラス台地高崎〈町〉宮崎(県)高城〈町〉三股町曽於市山之口

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都城盆地の関連情報