コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒紅茸 ドクベニタケ

デジタル大辞泉の解説

どく‐べにたけ【毒紅×茸】

ベニタケ科のキノコ。山林などに生え、高さ2.5~8センチ、傘の直径3~10センチ。傘の表面は紅色で中央がややくぼむ。刺すような味があるが無毒。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくべにたけ【毒紅茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。林地の地上に孤生する。傘は径4~10センチメートルのまんじゅう形、または浅い漏斗形で紅色。ひだ・柄は白色でもろく、辛みがあるが毒性はない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone