コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒紅茸 ドクベニタケ

デジタル大辞泉の解説

どく‐べにたけ【毒紅×茸】

ベニタケ科のキノコ山林などに生え、高さ2.5~8センチ、直径3~10センチ。傘の表面は紅色で中央がややくぼむ。刺すような味があるが無毒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくべにたけ【毒紅茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。林地の地上に孤生する。傘は径4~10センチメートルのまんじゅう形、または浅い漏斗形で紅色。ひだ・柄は白色でもろく、辛みがあるが毒性はない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

毒紅茸 (ドクベニタケ)

植物。ベニタケ科のキノコ。ベニタケの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

毒紅茸の関連キーワードまんじゅう形白色辛み毒性林地ひだ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android