コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比重秤 ひじゅうばかりspecific-gravity balance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比重秤
ひじゅうばかり
specific-gravity balance

比重計の1種。比重てんびんともいい,液体の比重や密度を測定するのに用いる。てんびんの一方につるしたおもりの質量を空気,標準水 (4℃の純水) ,または試料液体の中に沈めてはかった測定値から比重や密度が算出される。この原理による直読式比重秤にモール比重計,ウェストファール比重計などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひじゅうばかり【比重秤】

比重計の一。秤竿はかりざお・錘おもり・分銅から成り、浮力を利用して液体の比重を測る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android