コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利斉元 もうり なりもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利斉元 もうり-なりもと

1794-1836 江戸時代後期の大名。
寛政6年3月24日生まれ。毛利治親(はるちか)の弟親著(ちかつぐ)の長男。毛利斉煕(なりひろ)の養子となり,文政7年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主毛利家11代。天保(てんぽう)7年9月8日死去。43歳。号は柳桜亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

毛利斉元の関連キーワード知識学ロベスピエールゲーテビュヒナー(Karl Georg Büchner)クリスチャンボー城ロベスピエール共和暦第三年憲法クートンサボリペリー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone