コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利経光 もうり つねみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利経光 もうり-つねみつ

?-? 鎌倉時代の武将。
毛利季光(すえみつ)の4男。父と兄たちは三浦氏の乱で敗死。経光は越後(えちご)(新潟県)佐橋荘にいて乱に参加せず,佐橋荘と安芸(あき)(広島県)吉田荘の地頭職(しき)を安堵(あんど)される。文永7年(1270)子の毛利時親に両地頭職をゆずった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

毛利経光の関連キーワード鎌倉時代毛利季光

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android