コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦氏 みうらうじ

4件 の用語解説(三浦氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦氏
みうらうじ

平安時代以来,相模国三浦郡を本拠とした豪族。桓武平氏の一支族と伝えられる。鎌倉幕府御家人として栄えたが,一族和田義盛和田合戦 (1213) で滅びたのち,泰村のとき宝治1 (47) 年執権北条時頼と戦って敗れ,壊滅的打撃を受けた (→宝治合戦 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三浦氏【みうらうじ】

桓武平氏。良茂(よしもち)流とも良文流ともいう。相模(さがみ)三浦に住んで三浦氏を称し,義明のとき初めて三浦大介(みうらのおおすけ)を称し,以後嫡流は三浦大介を称した。
→関連項目名字の地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みうらうじ【三浦氏】

(1)相模国三浦出身の中世武家。桓武平氏。良茂流とも良文流ともいう。代々清和源氏に属して繁栄し,平安末期義明(よしあき)のとき初めて〈三浦大介(みうらのおおすけ)〉を称した。以後三浦氏の嫡流は代々〈三浦大介〉を称した。大介の呼称は相模介に由来するとする説もあるが定かではない。平安後期より三浦氏は房総半島に対峙する三浦半島を本拠に一帯の海上を支配圏内におさえ,相模では最強ともいえる雄族であった。1180年(治承4)源頼朝の伊豆挙兵も,三浦氏の荷担があって初めて実現しえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦氏
みうらうじ

桓武平氏(かんむへいし)流。鎌倉時代の相模国(さがみのくに)(神奈川県)の豪族。出自については諸説あり、その有力な一つは、平為道(たいらのためみち)が前九年の役の戦功として1063年(康平6)相模国三浦郡を領して衣笠城(きぬがさじょう)(横須賀市)に居したのに始まるとするが、一説には平安中期に活躍した平良茂(よしもち)の孫三浦太郎公義(きみよし)からとする。義明(よしあき)の代に三浦大介(おおすけ)を名のり、これより三浦氏の嫡流は三浦介を称した。1180年(治承4)源頼朝(みなもとのよりとも)が伊豆に挙兵すると、義明と三浦一族は頼朝をたすけて功があり、のち義明の子義澄(よしずみ)は相模国守護、孫の和田義盛(わだよしもり)は侍所別当(さむらいどころべっとう)に任ぜられるなど、幕府の重臣として活躍。義澄の子義村(よしむら)は北条氏と協調して勢力を強め、泰村(やすむら)も同じく北条氏と姻戚(いんせき)関係を結んで強勢を誇ったが、1247年(宝治1)北条時頼(ときより)の策謀により一族はほとんど滅亡した(宝治合戦(ほうじかっせん))。このころ諸国に根を広げていた支族のなかから三浦介を継いだのは佐原盛時(さはらもりとき)で、ついで南北朝期には時継(ときつぐ)、高通(たかみち)ら子孫の活躍をみたが、義同(よしあつ)(道寸(どうすん))・義意(よしおき)父子の代の1516年(永正13)北条早雲(そううん)に滅ぼされた。ひそかに逃れた子孫のなかには、江戸幕府に仕えたり、明治には子爵や男爵を授けられた者がいる。[三浦勝男]
『高橋恭一著『三浦党と鎌倉武士道』(1942・長谷川書房) ▽永原慶二編『人物・日本の歴史 第四巻』(1966・読売新聞社) ▽『三浦大介義明とその一族』(1980・三浦大介義明公八百年祭実行委員会) ▽永井路子著『相模のもののふたち』(1978・有隣堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三浦氏の言及

【相模国(相摸国)】より

…この間に桓武平氏の流れをくむ武士や藤原秀郷の流れをくむ武士等が開発領主(武士団)として成長し,一方源氏一族は鎌倉を拠点として武家の棟梁の地位にのし上がっていった。相模における有力武士団として,三浦氏,和田氏,中村氏大庭氏梶原氏,鎌倉氏,渋谷氏波多野氏山内首藤氏糟屋氏,大友氏等があげられる。彼らは在地の有力者であり,国衙の在庁官人となって人民を支配した。…

【宝治合戦】より

…1247年(宝治1)6月,北条氏と三浦氏との間におこった合戦。三浦氏の乱ともいう。…

【三浦泰村】より

…37年(嘉禎3)若狭守に任ぜられ,38年(暦仁1)幕府の評定衆に補せられ,39年(延応1)父の死により家督をついで三浦介,相模守護となった。三浦氏は幕府草創以来の有力御家人の最後の生残りとして幕府内部に重きをなし,泰村も北条氏と姻戚関係を結んで勢力をふるっていたが,北条氏は自己に対抗しうる勢力の存在を警戒し,46年(寛元4)名越(北条)光時が前将軍頼経と謀って執権時頼を除こうとした事件に泰村の弟光村が荷担していたことを利用して三浦氏の排斥を図った。泰村は北条時頼とその外戚安達景盛らの挑発に乗り,47年(宝治1)6月鎌倉で戦って敗死し(宝治合戦),相模の雄族三浦氏の本流は滅亡した。…

【美作国】より

…美作西部には山名氏勢力の影響が強く,赤松氏の勢力は作東にしか及ばなかった。作東の三星城に拠った後藤氏は播磨の後藤氏の分かれらしく,作西では三浦氏が高田城に拠って頭角をあらわした。 美作は山間の小国ではあるが,中央と山陰を結ぶ連絡路にあたり,また山陽と山陰との通路でもあって人や物資の移動が活発で,大原市(おおはらのいち),林野市,戸川市などが商取引の拠点となって栄えていた。…

【名字の地】より

…平安時代,地方武士の勢力の発展に伴い,源平藤橘などの姓を有する各氏族が所領を開発,さらに氏族間で分有相伝してその地名を名字として称することが一般となった。たとえば三浦半島を領有する平姓三浦氏一族は惣領は三浦を称したが,支族はそれぞれ本拠地とした津久井,蘆名,和田,長井,佐原など半島内の所領の地名をとって津久井氏,蘆名氏,和田氏,長井氏,佐原氏などを称した。彼らにとっては,三浦のほか,津久井以下の領地がすなわち名字の地であり,先祖由緒の地としてその保有には異常な努力を払った。…

※「三浦氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦氏の関連キーワード桓武平氏平氏坂東八平氏八平氏三浦義継渋谷氏土屋氏土肥氏中村氏俣野氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三浦氏の関連情報