コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安堵 あんど

6件 の用語解説(安堵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安堵
あんど

鎌倉時代以降,主君が家人に対して土地の所有権,領有権,知行権を与えることを充行 (あてがい) といい,すでにあてがわれたり,買得されたこれらの権利を確認または承認することを「安堵する」といった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あん‐ど【安×堵】

[名](スル)《「堵」は垣根の意》
気がかりなことが除かれ、安心すること。「安堵の胸をなでおろす」「無事を聞いて安堵した」
垣根の内の土地で安心して生活すること。また、その場所。
「それより八幡にも―せずなりて、かかる身となりにけるとぞ」〈著聞集・一二〉
中世、土地の所有権・領有権・知行権などを幕府・領主が公認したこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安堵【あんど】

中世,近世において所領の知行を確認保証することをいう。人が堵(垣)のうちに安心して住めるようにする意。その内容によって,祖先以来知行している所領の継続知行を確認保証する本領安堵和与(わよ)地安堵,買得地安堵などがあったが,安堵は所領の恩給とともに幕府が御家人(ごけにん)に与える御恩として行われ,その文書を安堵状といった。
→関連項目荒川荘印判状亀山寛文印知雀部荘地頭惣領制本補地頭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あんど【安堵】


[中世]
 〈安堵の胸をなでおろす〉のように現在では精神的な安心状態の表現に使われているが,本来は堵(垣)の中に安んずる,すなわち他の侵害から人身,財産が防御された状態を示す言葉であり,中世ではもっぱら所領を中心とした財産権の移転に際して,支配者,主人から被支配者,従者に与えられる法的承認行為を意味した。こうした公法的安堵ははじめ武家社会で発生発達し,中世中期以後公家法・荘園法領域に及んでいったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あんど【安堵】

( 名 ) スル
〔「堵」は垣の意。が原義〕
安心すること。心が落ち着くこと。 「無事を知って-した」 「 -の胸をなで下ろす」
中世・近世に、土地の所有権・知行権などを将軍や領主が承認すること。 「本領-」
垣の内に安んずること。居所に安んじて暮らすこと。 「奉公をいたし、先祖の伊東に-したまへ/曽我 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安堵
あんど

安住できる場所、状態の意。8世紀から用例がある。中世武家社会では主人が従者の土地領有を承認し保証すること。鎌倉幕府御家人(ごけにん)の先祖代々の私領を安堵することを本領安堵といい、新恩地給与と並ぶ御恩である。また相続承認を譲与(継目(つぎめ))安堵、売買承認を沽却(こきゃく)(買得、買地)安堵という。安堵は下文(くだしぶみ)、下知状(げちじょう)、御教書(みぎょうしょ)、判物(はんもつ)などでなされるが、譲状(ゆずりじょう)に承認の旨を記す外題(げだい)安堵もある。室町時代以降、安堵の主体は幕府から守護大名、戦国大名に移り、継目安堵、買地安堵は大名権力の確立に役だった。[羽下徳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安堵の言及

【恩給】より

…鎌倉幕府はその成立にあたって,御家人が以前からもっていた本領の権利を保障するとともに,新たに所領を恩賞として与えた。前者を安堵といい,後者を新恩という。これら安堵,新恩をあわせて恩給というが,時に新恩のみをさす場合もある。…

※「安堵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安堵の関連キーワード撫で下ろす撫で肩ほっと胸を摩る胸を撫で下ろす腰を下ろす抱下ろす引下ろす安堵の下文安堵の外題

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安堵の関連情報