毛利 久(読み)モウリ ヒサシ

20世紀日本人名事典の解説

毛利 久
モウリ ヒサシ

昭和期の美術史家 元・神戸大学文学部教授。



生年
大正5(1916)年10月4日

没年
昭和62(1987)年9月10日

出生地
愛媛県北宇和郡宇和島町(現・宇和島市)

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部史学科〔昭和16年〕卒

学位〔年〕
文学博士(京都大学)〔昭和37年〕

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和61年〕

経歴
昭和22年京都国立博物館に勤務。42年神戸大教授に転じ、48年文学部長、55年奈良大教授を歴任。この間、45年文化財保護審議会専門委員。著書に「仏師快慶論」「肖像彫刻」「日本仏教彫刻史の研究」「運慶と鎌倉彫刻」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android