コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族衛生学 みんぞくえいせいがくracial hygiene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族衛生学
みんぞくえいせいがく
racial hygiene

人種衛生学ともいう。民族を対象単位とする衛生学で,応用医学の一部門。結核性感染症アルコール依存症など,民族の衰亡にいたる危険のある疾病や現象をとらえて対策を考え,遺伝性疾患の予防と撲滅,また,精神障害,犯罪などの絶滅を期するほか,人口調節など,民族の保全充実を研究する。ナチス・ドイツゲルマン民族の優位を維持,増強する一手段として,民族衛生学の強化を試みたが,現代では,民族特性を人間的事実の1つと認めたうえで,広義の人類福祉の充実のために,あらためて再認識されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

民族衛生学の関連キーワード永井潜

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android