コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民間流通米(読み)ミンカンリュウツウマイ

デジタル大辞泉の解説

みんかんりゅうつう‐まい〔ミンカンリウツウ‐〕【民間流通米】

食糧法における区分の一。民間の生産者や生産団体が、自由な価格をつけて販売する。→政府米
[補説]平成16年(2004)の法改正以前の自主流通米計画外流通米に当たる。改正により計画流通米計画外流通米の区分が廃止されたため、政府米以外の流通米はすべてこの区分となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android