コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計画流通米 ケイカクリュウツウマイ

3件 の用語解説(計画流通米の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいかくりゅうつう‐まい〔ケイクワクリウツウ‐〕【計画流通米】

国内における供給と価格の安定のため、政府が生産・流通を管理する米。食糧法における区分の一つで、政府米自主流通米をさした。平成16年(2004)の法改正により廃止。→計画外流通米民間流通米

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいかくりゅうつうまい【計画流通米】

かつて、食糧法が定めた計画流通制度のもとで、消費者に対し計画的・安定的な供給が図られた米。自主流通米と政府米からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計画流通米
けいかくりゅうつうまい

供給、価格の安定をはかるため計画的に生産、流通させる米。1995年(平成7)施行の食糧法のなかで、従来の政府米と自主流通米とをあわせたものとして位置づけられた。農水相が米の生産、販売について毎年基本計画を定め、これにもとづいて出荷取扱業者が流通計画をつくり、国の認可をうける。この枠内の米に関してのみ助成対象とすることで、農水省計画流通米を米流通の中心に据えたいと考えた。従来の闇米(やみごめ)、縁故米などは計画外流通米とされた。しかし実際には、制約の多い計画流通米の割合は減少し、計画外流通米が増加したため、食糧法が大幅に改正され、2004年4月から、計画流通米と計画外流通米という制度上の区別はなくなった。[尾野村祐治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

計画流通米の関連キーワード価格決定支持価格畜産振興事業団食糧法価格破壊差額関税課税価格緊急関税港則スポット価格

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone