コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

計画流通米 ケイカクリュウツウマイ

デジタル大辞泉の解説

けいかくりゅうつう‐まい〔ケイクワクリウツウ‐〕【計画流通米】

国内における供給と価格の安定のため、政府が生産・流通を管理する食糧法における区分の一つで、政府米自主流通米をさした。平成16年(2004)の法改正により廃止。→計画外流通米民間流通米

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいかくりゅうつうまい【計画流通米】

かつて、食糧法が定めた計画流通制度のもとで、消費者に対し計画的・安定的な供給が図られた米。自主流通米と政府米からなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計画流通米
けいかくりゅうつうまい

供給、価格の安定をはかるため計画的に生産、流通させる米。1995年(平成7)施行の食糧法のなかで、従来の政府米と自主流通米とをあわせたものとして位置づけられた。農水相が米の生産、販売について毎年基本計画を定め、これにもとづいて出荷取扱業者が流通計画をつくり、国の認可をうける。この枠内の米に関してのみ助成対象とすることで、農水省は計画流通米を米流通の中心に据えたいと考えた。従来の闇米(やみごめ)、縁故米などは計画外流通米とされた。しかし実際には、制約の多い計画流通米の割合は減少し、計画外流通米が増加したため、食糧法が大幅に改正され、2004年4月から、計画流通米と計画外流通米という制度上の区別はなくなった。[尾野村祐治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

計画流通米の関連キーワード不正規流通米消費者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android