気が散る(読み)キガチル

精選版 日本国語大辞典の解説

き【気】 が 散(ち)

気持が一つに集中しないで、いろいろなことに心がひかれる。注意が散漫になる。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「そばからしゃべるから気(キ)が散(チ)って身に染ねへが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報