コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気ちがい きちがい

1件 の用語解説(気ちがいの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きちがい【気ちがい】

日本で近世以降ひろく使われてきた精神病,精神病者の俗称で,1603年(慶長8)刊行の《日葡辞書》にはすでにこの語(Qichigai)が収録されている。原義は,単に〈気が変になること〉ではなく,〈自分の気がほかの気と入れかわること〉であるとされる。ちなみに,中世では〈ものつき〉や〈ものぐるい〉が,そして古代では〈たぶれ〉が精神病一般を指す言葉として流布しており,したがって〈たぶれ〉→〈ものつき〉ないし〈ものぐるい〉→〈気ちがい〉といった系譜が日本人の狂気観を歴史的に伝えてきたことはまちがいない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の気ちがいの言及

【狂気】より

…狂気とは,字義通りに解釈すれば〈気の狂っていること〉〈気の違っている状態〉を指し,こんにちの精神病一般と変わらなくなるが,精神病が近代医学により疾患として認知された学問的概念であるのに対し,狂気は学問的に規定される以前の広義の精神変調状態を漠然と総称する世俗的概念で,厳密な定義の対象になりにくい。そもそも狂気が治療すべき自然的な疾患としてでなく,なにかしら超自然的な事態として,または正気の人間には得がたいなにかをもたらしてくれる神聖な現象として人々から迎えられたことには,多くの根拠がある。…

※「気ちがい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

気ちがいの関連キーワード精神病精神病理学五十集慣用音精神科精神病院古典芸能和楽器和針精神病理

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気ちがいの関連情報