コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱心 ランシン

デジタル大辞泉の解説

らん‐しん【乱心】

[名](スル)心が乱れ、狂うこと。逆上したりして分別をなくしてしまうこと。「怒りのあまり乱心する」「乱心者(もの)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らんしん【乱心】

( 名 ) スル
心が乱れること。精神の平衡を失うこと。 「 -者もの」 「其母は之が為に-せしか/金色夜叉 紅葉」 〔古風な言葉であり、目上の者が常軌を逸した行動に出たときに、「殿ご-」などと冗談めかして大時代に言うことがある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乱心の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽清元延寿太夫(2世)水野忠恒(1)オフェーリアタークシンお夏清十郎三遊亭円丈真景累ヶ淵内田正偏池田輝興松平吉品松平信通田沼意知杉田玄白溝口政親大森彦七愚神礼賛佐野政言お夏狂乱関所手形

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱心の関連情報