気を詰める(読み)きをつめる

  • を 詰(つ)める

精選版 日本国語大辞典の解説

① 精神を集中する。一心になる。緊張する。
※太平記(14C後)七「水ふせぎける兵共、夜毎に機(キ)をつめて、今や今やと待懸けけるが」
② 気がねをする。遠慮をする。気詰まりする。
※仮名草子・身の鏡(1659)中「傍輩のつきあひにても、馬鹿いんぎんにてきをつむる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android