コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候ダイヤグラム きこうダイヤグラムclimatic diagram

世界大百科事典 第2版の解説

きこうダイヤグラム【気候ダイヤグラム climatic diagram】

気候資料を数量的に整理し図化して気候を表現したもの。たとえば,気候をいくつかの天気型に分類し,それらの出現率の季節推移を図示したダイヤグラムがその例である。また気温と降水量を両軸にとった座標に両者の組合せの季節変化を示すハイサグラフや,同様に気温と相対湿度を用いたクライモグラフなども気候ダイヤグラムの類である。そのほか多様の気候ダイヤグラムが考案されている。【設楽 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android