気太十千代(読み)けたの とおちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気太十千代 けたの-とおちよ

?-? 奈良時代の女官。
天平(てんぴょう)17年(745)外従五位下となる。東大寺の大仏開眼会(かいげんえ)の献納物に名がみえる。天平宝字4年(760)正五位上。正倉院文書にでてくる気太命婦(みょうぶ)と同一人とされる。但馬(たじま)(兵庫県)気多郡出身の采女(うねめ)とする説,能登(のと)(石川県)気多神社の関係者とする説がある。氏は気多ともかき,名は「とちよ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android