コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気太十千代 けたの とおちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

気太十千代 けたの-とおちよ

?-? 奈良時代の女官。
天平(てんぴょう)17年(745)外従五位下となる。東大寺の大仏開眼会(かいげんえ)の献納物に名がみえる。天平宝字4年(760)正五位上。正倉院文書にでてくる気太命婦(みょうぶ)と同一人とされる。但馬(たじま)(兵庫県)気多郡出身の采女(うねめ)とする説,能登(のと)(石川県)気多神社の関係者とする説がある。氏は気多ともかき,名は「とちよ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android