コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気根・機根 きこん

大辞林 第三版の解説

きこん【気根・機根】

( 名 )
物事にたえられる気力。根気。
〘仏〙 仏の教えを聞いて、悟りを開くための基盤となる、衆生しゆじようの宗教的性質・能力。機。 → 正機しようき
(「御気根に」の形で)お気のままに。御自由に。座を立つときの挨拶あいさつにいう語。 「あいあいそんなら御-に/浄瑠璃・躾方武士鑑」
( 形動 )
〔近世語〕 根気のあるさま。 「さきから-に弾きやす/洒落本・売花新駅」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android