コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気色付く ケシキヅク

デジタル大辞泉の解説

けしき‐づ・く【気色付く】

[動カ四]
そのような気配が感じられる。きざしが現れる。
「風などは吹くも、―・きてこそあれ」〈須磨
一風変わっている。
「いとおほどかに女しきものから、―・きてぞおはするや」〈・野分〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしきづく【気色付く】

( 動四 )
どこか普通とは違っている。 「いとおほどかに女しきものから-・きてぞおはするや/源氏 野分
その様子がうかがわれる。きざす。 「風などは吹けど-・きてこそあれ/源氏 須磨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気色付くの関連キーワード源氏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android