気色付く(読み)ケシキヅク

デジタル大辞泉の解説

けしき‐づ・く【気色付く】

[動カ四]
そのような気配が感じられる。きざしが現れる。
「風などは吹くも、―・きてこそあれ」〈須磨
一風変わっている。
「いとおほどかに女しきものから、―・きてぞおはするや」〈・野分〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしきづく【気色付く】

( 動四 )
どこか普通とは違っている。 「いとおほどかに女しきものから-・きてぞおはするや/源氏 野分
その様子がうかがわれる。きざす。 「風などは吹けど-・きてこそあれ/源氏 須磨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android