気色誇(読み)きしょくぼこり

精選版 日本国語大辞典の解説

きしょく‐ぼこり【気色誇】

〘名〙 主人、権力者などのうけがよいのを自慢すること。
※源平盛衰記(14C前)三六「梶原、兵衛佐殿の気色誇(キショクホコリ)して、諸国の侍共を、手に握り我が儘にと振る舞ひければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android