コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象情報提供サービス事業 きしょうじょうほうていきょうサービスじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象情報提供サービス事業
きしょうじょうほうていきょうサービスじぎょう

日本気象協会をはじめとして,民間の気象会社が行なう特定の目的のための気象情報サービス。建設会社の屋外作業,電気会社の電力供給,ビール会社の生産などの計画を立てる際,天気情報は欠かせない。1950年に気象協会が設立されて以来,高度経済成長とともに気象情報サービスの内容が多様化し,多くの民間気象会社が設立された。今日では,インターネットやテレビ,ラジオなどのマスメディアを通じてリアルタイムに,地点を限定したポイント予報や実況値の提供など,利用者の求めに応じたサービスを提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android