水尺(読み)すいしゃく

精選版 日本国語大辞典「水尺」の解説

すい‐しゃく【水尺】

〘名〙 細長い木材などに長くを掘って水を盛り、これをのせて水平を定める器具みずばかり。みずもり。水準
※雑俳・楊梅(1702)「御影さす鏡は直の御すいしゃく」

みず‐じゃく みづ‥【水尺】

〘名〙 出水の高さを測るための標柱。水ぐい。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水尺」の解説

みず‐じゃく〔みづ‐〕【水尺】

出水の高さを測るため、目盛りを刻んで水中に立てておく標柱。みずぐい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android