水島 あやめ(読み)ミズシマ アヤメ

20世紀日本人名事典の解説

水島 あやめ
ミズシマ アヤメ

昭和期の脚本家,児童文学作家



生年
明治36(1903)年7月17日

没年
平成2(1990)年12月31日

出生地
新潟県南魚沼郡六日町

本名
高野 千年

学歴〔年〕
日本女子大学

経歴
新潟県の裕福な家に生まれ、大正10年上京。日本女子大学在学中に本格的に小説を書き始め、映画会社の小笠原プロダクションで脚本を学ぶ。14年初めて書いた脚本「水平の母」が公開され、わが国初の女性映画脚本家としてデビュー。同年松竹キネマに入社、30本近くの脚本を書いたが、のち児童文学に転向。昭和14年「小公女」を翻訳、15年少女小説集「友情の小径」を発表、その叙情性と感傷性で女性に人気を博した。他の作品に「母への花束」「乙女椿」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android