水引波右衛門(読み)みずひき なみえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水引波右衛門 みずひき-なみえもん

?-? 江戸時代後期の力士。
「め組の喧嘩(けんか)」の当事者。江戸で柏戸宗五郎の弟子となり,のち九竜山扉平とあらためる。文化2年(1805)芝神明(しばしんめい)の境内で,四ツ車大八とともに町火消し「め組」の鳶(とび)辰五郎とあらそい,大喧嘩となった。歌舞伎「神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)」で有名。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android