コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神明恵和合取組 かみのめぐみわごうのとりくみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神明恵和合取組
かみのめぐみわごうのとりくみ

歌舞伎狂言。世話物。4幕。通称『め組の喧嘩』。竹柴其水作。3幕目は河竹黙阿弥の手に成る。 1890年3月東京新富座の2番目に初演。文化2 (1805) 年実際に起った力士と鳶 (とび) の者のけんかに取材した作品。相撲取四ツ車に対する,め組の辰五郎の遺恨が発展して,力士と鳶の者の大げんかとなるが,辰五郎の兄貴分喜三郎の仲裁によって収まるという筋立てで,活気のあるはなやかな芝居。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かみのめぐみわごうのとりくみ〔かみのめぐみワガフのとりくみ〕【神明恵和合取組】

歌舞伎狂言世話物。4幕。竹柴其水(たけしばきすい)作。明治23年(1890)東京新富座初演。力士と鳶(とび)の者の喧嘩(けんか)を華やかに描いたもの。通称、め組の喧嘩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみのめぐみわごうのとりくみ【神明恵和合取組】

歌舞伎狂言。世話物。4幕8場。竹柴其水(きすい)作。通称《め組の喧嘩》。1890年3月東京新富座初演。配役は辰五郎を5世尾上菊五郎,喜三郎・九竜山を初世市川左団次,四ツ車大八を4世中村芝翫ほか。1805年(文化2)芝神明の境内で,力士と鳶(とび)の者との喧嘩があったのを実録風に劇化した作。品川の遊廓で隣合わせた四ツ車らの力士とめ組の鳶の者とが喧嘩になる。辰五郎はじっとこらえ,八ツ山下に四ツ車を待ち伏せて襲うが果たせない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神明恵和合取組
かみのめぐみわごうのとりくみ

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。4幕。竹柴其水(たけしばきすい)作。1890年(明治23)3月、東京・新富(しんとみ)座で5世尾上(おのえ)菊五郎らにより初演。1805年(文化2)芝神明(しばしんめい)の境内で力士四車大八(よつぐるまだいはち)・九竜山浪右衛門(くりゅうざんなみえもん)らと鳶(とび)の者め組辰五郎(たつごろう)らが大喧嘩(おおげんか)をした事件を脚色したもので、通称「め組の喧嘩」。め組の鳶の者は、品川島崎楼で力士四車に恥をかかされ、頭(かしら)の辰五郎は仕返しに八ツ山下で待伏せするが果たせず、その後、神明の芝居小屋でもふたたび双方が衝突する。辰五郎はめ組の名誉のため喧嘩をする覚悟を決め、焚出(たきだ)し喜三郎を訪ねてそれとなく後事を託し、自宅で妻子に別れを告げて仲間とともに角力(すもう)小屋へ向かう。ここに鳶と力士の大喧嘩が始まるが、喜三郎の仲裁により勝負は五分(ごぶ)で収まる。正月情緒豊かな「島崎」から、総体に鳶の者の生活を描いて景気のいい芝居なので、初春狂言として好適の演目になった。「八ツ山下」の世話だんまり、「芝居前」の辰五郎と四車・九竜山の快調な台詞(せりふ)の応答、「辰五郎内」での愁嘆場、大詰の変化に富んだ立回りなどが見どころ。15世市村羽左衛門(うざえもん)、6世菊五郎、2世尾上松緑(しょうろく)ら、音羽屋(おとわや)系の当り狂言である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神明恵和合取組の言及

【相撲物】より

…1877年9月東京春木座,3世河竹新七作),《有松染相撲浴衣(ありまつぞめすもうのゆかた)》(雷電と小野川。1880年5月東京猿若座,河竹黙阿弥作),《神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)》(め組と相撲の喧嘩。1890年3月東京新富座,竹柴其水作),《櫓太鼓出世取組》(谷風と鈴鹿山,1900年1月東京明治座,竹柴其水作)などがある。…

※「神明恵和合取組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神明恵和合取組の関連キーワード水引波右衛門竹柴 其水

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android