コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水流層理 すいりゅうそうりcurrent bedding

岩石学辞典の解説

水流層理

真の層理または主に集積をした面に斜交した層理のことで,水中または空中で粒子が移動して堆積し形成されたもの[Lyell : 1830].偽層ともいい,主に砂岩層の内部に見られる指向性堆積構造の一種である.水流で生じた場合に水流成層または水流層理という[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

水流層理の関連キーワード斜交層理斜交成層

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android