水谷雄琴(読み)みずたに ゆうきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「水谷雄琴」の解説

水谷雄琴 みずたに-ゆうきん

?-? 江戸時代中期-後期易学者。
大坂で易学をおしえ,占いでも奇験があるといわれた。文化(1804-18)の初めごろ死去。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は君竜。(あざな)は起雲。通称は正介。は「みずのや」ともよむ。著作に「周易折衷削要」「洛書新説」など。

水谷雄琴 みずのや-ゆうきん

みずたに-ゆうきん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android