コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠暁 みずの ただあき

2件 の用語解説(水野忠暁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠暁 みずの-ただあき

1767-1834 江戸時代後期の園芸家。
明和4年生まれ。幕臣で,江戸四谷にすむ。文政12年(1829)大岡雲峰と関根雲停の挿図で,斑(ふ)入り植物を集成した「草木錦葉集」を刊行した。同書は種樹屋金太(うえきや-きんた)の「草木奇品家雅見(かがみ)」とともに奇品図集として有名。天保(てんぽう)5年9月24日死去。68歳。名は忠敬とも。号は逸斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

水野忠暁

没年:天保5.9.24(1834.10.26)
生年:明和4(1767)
江戸後期の旗本園芸家。名は忠敬,通称は宗次郎,号は逸斎。旗本水野守政の長男で,江戸四谷に住む。園芸技術と変異研究の進歩により草木の珍種鑑賞が盛んなころで,父も園芸を好んだことから若年より文武の余暇に園芸をたしなむ。文政12(1829)年『草木錦葉集』全7巻を刊行。当時の斑入り植物を網羅したこの図説は,動植物画家として著名な大岡雲峰と関根雲停が図を描き,青山の種樹家増田金太郎の『草木奇品家雅見』(1827)と並び江戸期を代表する木版の奇品図集となった。<著作>『小おもと名寄』『実生小不老草奇品寄』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水野忠暁の言及

【園芸】より

…安楽庵策伝の《百椿集》(1630)をはじめ,ツツジ,キク,サクラ,ボタン,ウメ,アサガオ,ハナショウブ,ナデシコなど花の専門書が出版され,さらにモミジ,カラタチバナ,オモト,マツバラン,セッコクなど葉を観賞の対象とした多数の品種を成立させた。それらは世界に類をみず,増田金太の《草木奇品家雅見(かがみ)》(1827)と水野忠暁の《草木錦葉集》(1829,13冊中6冊は未完)に集大成された。ヨーロッパで観葉植物が普及するのは20世紀に入ってからであるが,江戸園芸は積極的な交配による品種改良こそなかったが,変異性のある実生の選抜と枝変りの発見により,すでに多数の品種を成立させていたのである。…

※「水野忠暁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水野忠暁の関連キーワード畑中西山岡田芝斎吉岡素樵織田東民本阿彌親平八木守直亀田厳楽伊星双缶池田長賢斎藤抱山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone