水銀硬膏(読み)スイギンコウコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

すいぎん‐こうこう ‥カウカウ【水銀硬膏】

〘名〙 水銀と精製ラノリンを練り合わせ、蜜蝋、単軟膏を混和した硬膏。灰色で、梅毒性初期硬結、潰瘍、腺腫瘍などに用いられた。〔泰西薬名早引(1837)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android