コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜蝋 ミツロウ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐ろう〔‐ラフ〕【蜜×蝋】

ミツバチのを構成する働きバチ腹部の腺から分泌されたもので、主成分はパルミチン酸ミリシル。巣を加熱圧搾したり、湯で煮溶かしたりして採取する。精製したものは白色。つや出し剤・化粧品などに利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蜜蝋【みつろう】

ミツバチの巣の主成分をなす蝋。働きバチの腹部から分泌され巣板を形成する。巣板から加熱圧搾法,煮取法,抽出法で採取。新しい蝋は黄色,ふつうは褐色,精製品は淡黄〜白色。
→関連項目鋳金養蜂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

蜜蝋の関連キーワードジョーンズ(Jasper Johns)ノリスクラブ みつろうクレヨン水でおとせるしかくいクレパスベンゼンヘキサカルボン酸クレンジングクリーム水でおとせるクレヨンエンカウスティックホウ(硼)酸軟膏ろうそく(蝋燭)コールドクリームゼリービーンズマリ(民族)ハニーBeeベジャイアブローネルビジャーヤプロポリスミツオシエロウバイラーテル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜜蝋の関連情報