水霧(読み)スイム

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐む【水霧】

〘名〙 。特に、川の上やほとりに立ちこめる霧。川霧。
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉一一一「淡墨で刷いたやうに、水霧に裹まれて」 〔伏挺‐行舟値早霧詩〕

み‐な‐ぎら・う ‥ぎらふ【水霧】

連語〙 水しぶきが立ち続ける。
万葉(8C後)七・一四〇一「水霧相(みなぎらふ)沖つ小島に風をいたみ舟よせかねつ心は思へど」
[補注]霧が立ちこめるの意のキルのキは上代には乙類であるのに対し、「漲ふ」のギは甲類なので別語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水霧の関連情報