コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷晶点 ひょうしょうてんcryohydrate point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷晶点
ひょうしょうてん
cryohydrate point

含氷晶点ともいう。塩類と水との二成分系での共融点をいう。塩化ナトリウム 22.4%,氷 77.6%の含氷晶点は-21.2℃である。共融点は2成分の組合せで到達しうる最低の融点である。共融点の組成をもつ溶液を冷却すると,共融点で2成分の微細な結晶が混り合ったものを生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

氷晶点【ひょうしょうてん】

塩類水溶液を冷却していくとある温度のところで氷と塩類の共晶(含氷晶)が析出する。このときの温度(すなわち氷と塩類の共融点)を氷晶点(含氷晶点とも)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android