コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永原孝知 ながはら たかとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永原孝知 ながはら-たかとも

1813-1873 幕末の武士。
文化10年生まれ。加賀金沢藩士。馬奉行,のち馬廻組頭兼聞番となる。元治(げんじ)元年京都にいく途中の天狗党を越前(えちぜん)(福井県)で無条件降伏させる。銃隊馬廻頭並となり,明治2年学政寮・軍政寮の副知事。明治6年1月14日死去。61歳。本姓赤座。通称は甚七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永原孝知の関連キーワードペグマタイトサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)大不況鉄筋コンクリート構造アドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android