永原孝知(読み)ながはら たかとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永原孝知 ながはら-たかとも

1813-1873 幕末の武士。
文化10年生まれ。加賀金沢藩士。馬奉行,のち馬廻組頭兼聞番となる。元治(げんじ)元年京都にいく途中の天狗党を越前(えちぜん)(福井県)で無条件降伏させる。銃隊馬廻頭並となり,明治2年学政寮・軍政寮の副知事。明治6年1月14日死去。61歳。本姓赤座。通称は甚七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android