コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗党 テングトウ

3件 の用語解説(天狗党の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐とう〔‐タウ〕【天狗党】

江戸末期、水戸藩で、藩主徳川斉昭藩政改革を機に結成された尊王攘夷の急進派。→筑波山事件

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

天狗党

1969年公開の日本映画。監督:山本薩夫、原作:三好十郎、脚色:高岩肇、稲垣俊、撮影:牧浦地志。出演:仲代達矢若尾文子、加藤剛、十朱幸代山田吾一、神山繁、中村翫右衛門ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんぐとう【天狗党】

天保年間、水戸藩主徳川斉昭なりあきの藩制改革に伴い、下級藩士を主体に結成された改革派グループ。保守門閥派の諸生党と激しく対立。1864年、攘夷延期を不満として筑波山に挙兵、武田耕雲斎・藤田小四郎を主導者とする一派は、心事を一橋慶喜を通して朝聞に達すべく、上洛の途についたが、加賀藩に降伏。武田以下数百名は敦賀で斬刑に処せられた。その後も明治維新に至るまで藩政の主権をめぐって保守派と凄惨な争いが続いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狗党の関連キーワード独遊軒馬六岡田芝斎小田南豊小栗寛令天保金銀娘義太夫織部本歌自慢潟の井歌舞輝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天狗党の関連情報