コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永瀬三吾 ながせ さんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永瀬三吾 ながせ-さんご

1902-1990 昭和時代後期の推理作家。
明治35年9月1日生まれ。中国にわたり,京津新聞社社長。第二次大戦後推理小説をかきはじめ,昭和30年「売国奴」で日本探偵作家クラブ賞。27年岩谷書店にはいり,32年まで「宝石編集長をつとめた。平成2年11月19日死去。88歳。東京出身。仏語専修学校卒。作品に「軍鶏」「殺人乱数表」「白眼鬼」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永瀬三吾の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ[各個指定]芸能部門印僑EMIグループ磯崎新海部俊樹内閣

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android