コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田芙雀 ながた ふじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田芙雀 ながた-ふじゃく

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
大坂の人。槐本之道(えもと-しどう)にまなび,松尾芭蕉(ばしょう)門に属する。榎並舎羅(えなみ-しゃら)と交遊した。作品は「蕉門名家句集」におさめられている。編著元禄(げんろく)12年(1699)刊の「鳥驚(とりおどし)」,その3年後の「駒掫(こまざらえ)」がある。通称は堺屋弥太郎。別号に風薫舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田芙雀の関連キーワード芙雀俳人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android