永田芙雀(読み)ながた ふじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田芙雀 ながた-ふじゃく

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
大坂の人。槐本之道(えもと-しどう)にまなび,松尾芭蕉(ばしょう)門に属する。榎並舎羅(えなみ-しゃら)と交遊した。作品は「蕉門名家句集」におさめられている。編著元禄(げんろく)12年(1699)刊の「鳥驚(とりおどし)」,その3年後の「駒掫(こまざらえ)」がある。通称は堺屋弥太郎。別号に風薫舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android