コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槐本之道 えもと しどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

槐本之道 えもと-しどう

1659?-1708 江戸時代前期の俳人。
万治2年?生まれ。薬種商をいとなみ,大坂では初の松尾芭蕉門人。元禄(げんろく)7年発病した芭蕉を弟子の榎並舎羅らとともに,その死までみとった。宝永5年1月4/5日死去。50歳?通称は伏見屋久右(左)衛門別号東湖,諷竹など。姓は「えのもと」ともよむ。編著に「あめ子」「淡路島」「砂川」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

槐本之道の関連キーワード永田芙雀之道俳人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android