コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田西河 ながた せいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田西河 ながた-せいか

1757-1809 江戸時代後期の書家。
宝暦7年生まれ。父観鵞(かんが)にまなぶ。式部省史生にすすんだ。文化6年3月5日死去。53歳。名は忠成。字(あざな)は伯行。著作に「詩語砕錦続編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永田西河の関連キーワードカルル13世プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦い天野喜四郎山田検校ケンブルアルムフェルト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android